BayWaveトップ > レポート > ミュージアム > 千葉市美術館「瀧口修造とマルセル・デュシャン」(ミュージアム:千葉市中央区)

千葉のレポート

千葉市美術館「瀧口修造とマルセル・デュシャン」

2012-01-04

千葉市美術館で開催中の「瀧口修造とマルセル・デュシャン」へ行ってきました。
日本を代表する美術評論家、瀧口修造と彼が注目したマルセル・デュシャンとの交流をたどった展示です。

瀧口さんは初めての出会いでしたが、彼の生涯にわたる美術活動がとても詳しく観ることができました。デュシャンへの熱い想いがとても印象的であそこまで惚れ込むものがあった人生に魅力を感じました。
作品自体も展示数が多く、じっくり見ていたらあっという間に時間が経っていた展示会でした。
それにしても千葉市美術館の持っている作品の深さにびっくりです☆
また川村美術館の貯蔵する作品とのコラボ企画が新しくて良かったです。
BayWaveさん、ありがとうございました。

「瀧口修造とマルセル・デュシャン」 1月29日まで開催中です。



このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

このレポートの口コミ

  • BayWave運営事務局さん
    (2012-1-10 19:04)
     いつもレポートありがとうございます。
    miehuiさん。。。
    レポートありがとうございます。
    いつも展示内容や感想をわかりやすく書いて下さって、
    読むのをとっても楽しみにしてます。
    これからもレポートお待ちしてます。

     

コメントを投稿するにはユーザ登録が必要です

レポートの投稿はこちらから