BayWaveトップ > レポート > ミュージアム > フィレンツェ ピッティ宮近代美術館コレクション「トスカーナと近代絵画」(ミュージアム:千葉県周辺)

千葉のレポート

フィレンツェ ピッティ宮近代美術館コレクション「トスカーナと近代絵画」

2013-10-22

フィレンツェ ピッティ宮近代美術館コレクション「トスカーナと近代絵画」を観賞してきました。

明治政府に1876年に招かれ、工部大学校の画学教師として日本で浅井忠や五姓田義松、山本芳翠らに西洋絵画を教えたアントニオ・フォンタネージの作品が見られるということで楽しみしておりました。

展示会場は「トスカーナのロマン主義絵画にみる歴史と同時代性」「新たなる絵画 マッキアイオーリ」「トスカーナにおける19世紀と20世紀絵画の諸相」「20世紀の画家たち: イタリア絵画の立役者たちとその傾向」の4章構成で、とても自然とゆったりと観賞できました。

損保ジャパン東郷青児美術館といえば、42階からの眺めが最高なのですが、この展示が終わり年明けまで、改修工事に入るそうです。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

このレポートの口コミ

口コミを募集してます

コメントを投稿するにはユーザ登録が必要です

レポートの投稿はこちらから