BayWaveトップ > レポート > 体験 > いちはらアート×ミックス IAAES会場(体験:市原市)

千葉のレポート

いちはらアート×ミックス IAAES会場

2014-04-07

いちはらアート×ミックス 開催初日、ワークショップ参加のため、IAAESへ。
入口前に石釜があり、入口すぐ右にはカフェがありました。
展示に気を取られながら、ワークショップに参加。
ワークショップ終了後、友人が大ファンの栗林隆氏の「プリンシパル オフィス」を観賞。
すごいっ!楽しい!・・・これ以上言うと楽しみが半減してしまうかもなのでこのくらいで。
次に、小沢敦志氏の「ユア・パートナー」
自転車20台への名前つけや、熱した鉄を叩くワークショップが終了したところだったのですが、熱意が伝わり急遽体験させていただきました。この自転車、アート×サイクルとして300円で貸し出してます。会場を回るのにいいですね。私たちが体験している間も「この自転車欲しい」とか「表札作って欲しい」とかなり人気でした。

2階へ移動し、滝沢達史氏の「おかしな教室」では、ご本人とお話ができました。
明らかに切っていないお菓子の紙のことを伺うと「千葉ということでロッテさんが全面協力してくださった」そうです。子どもたち大歓声でした。
小湊鉄道ファンの方は、電車がいいね!と言っていました。

ミシャ・クバル氏の「スピード・スペース・スピーチ」不思議空間に感動しながら、あっちこっち歩いてみました。

展示をはじからダッシュで見たのですが、ワークショップに参加すると(参加しなくても)1日で全てを見るのは難しいと思います。
来場者の方々と話しましたが「時間足りない!」の声が多かったです。

IAAESにまた行きたい。他の会場もまわらなきゃ。運動会も参加したい。と楽しいところたくさんです。この春おすすめです。



このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

このレポートの口コミ

口コミを募集してます

コメントを投稿するにはユーザ登録が必要です

レポートの投稿はこちらから