BayWaveトップ > レポート > 宝石/ジュエリー > プラチナと金の溶解02(宝石/ジュエリー:千葉市稲毛区)

千葉のレポート

プラチナと金の溶解02

2016-08-30
プラチナ

プラチナ

アキラジュエリーです!!

前回の溶解の続きを説明したいと思います

プラチナは約1800度で溶け完全に溶けるまでにはグラムにもよりますが数分かかります

この完全に溶けたかの見分けが出来るまでにも数年間の修行が必要かと思います

今ではこのように出来る職人さんも少なくなってきております

そして金は完全に溶けた状態では幅や形状をセットし型に流し込む作業になります

この後は地金(プラチナ、金)を伸ばしていく作業ですが次回にさせて頂きます

では明日は台風も近づき大荒れの天気です

ケガのないようお気をつけ下さい


金

型


このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

このレポートの口コミ

口コミを募集してます

コメントを投稿するにはユーザ登録が必要です

レポートの投稿はこちらから