BayWaveトップ > レポート > 水族館 > 11月1日『計量の日』にちなんだ特別企画「海の動物 公開体重測定」を実施(水族館:鴨川市)

千葉のレポート

11月1日『計量の日』にちなんだ特別企画「海の動物 公開体重測定」を実施

2016-11-04

鴨川シーワールドでは、『計量の日』にちなみ、11月3日(木・祝)にバンドウイルカ・ セイウチ・フンボルトペンギン・アカウミガメの計4種類の動物たちの公開体重測定を実施いたしました。

普段なかなか見ることができない海の動物たちの体重測定をご覧いただくにあたり、測定方法の異なる4種類の動物で公開体重測定を実施しました。

セイウチは、飼育施設内に設置された大きな体重計の上に、トレーナーが「タック」(推定33歳、オス)をゆっくりと誘導して計測し、体重は1,041圓任靴拭フンボルトペンギンはちょこちょこと動き回るため大きなカゴを用意し、その中に「チェチェ」(10歳、メス)を入れて計測し、体重は3.7圓任靴拭バンドウイルカは、ステージ上に設置された体重計に、トレーナーのサインで「オリバー」(推定28歳、オス)が自ら乗って計測し、体重は273圓任靴拭アカウミガメは、自分から体重計に上がることができないため、飼育員が4人がかりで体重計の上に乗せて計測し、体重は123圓任靴拭

また、今年生まれた子ガメと昨年生まれた子ガメの体重も測定し、大人のアカウミガメとの違いを比較しました。今年生まれた子ガメは80gでしたが、昨年生まれた子ガメは830gにまで成長しており、一年の成長のスピードを、重さで実感することができました。

公開体重測定を見学していたお客様からは、「セイウチが岩のように大きくてビックリした」「ウミガメの子ガメは思ったより小さくて軽かったが、命の重さを感じた」など驚きと感動の声をいただきました。


-------------
鴨川シーワールド様より届きました。
タックくんの体重にいつもびっくりしますが、アカウミガメが一年でそんなに成長するとは!驚きです。



このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

このレポートの口コミ

口コミを募集してます

コメントを投稿するにはユーザ登録が必要です

レポートの投稿はこちらから