BayWaveトップ > レポート > 水族館 > イベントレポート「鴨川市民DAY 2018」(水族館:鴨川市)

千葉のレポート

イベントレポート「鴨川市民DAY 2018」

2018-02-21
シャチより激励の水しぶき「テールバースト」

シャチより激励の水しぶき「テールバースト」

鴨川シーワールドでは、鴨川市の市制記念日にちなみ、2018年2月12日(月・振休)を「鴨川市民DAY 2018」とし、日ごろのご愛顧に感謝をこめて鴨川市民を対象に無料で開放しました。

「鴨川市民DAY」の開催は今年で4回目を迎え、普段シャチのパフォーマンスで賑わうオーシャンスタジアムでは、鴨川シーワールド 勝俣浩館長による特別レクチャーを行い、多くのお客様とともに鴨川シーワールドのあゆみや保護活動の日々を振り返りました。その後、地元鴨川を拠点とする女子サッカーチーム「オルカ鴨川FC」の百武監督による、新人選手の紹介などが行われ、さらに「オルカ鴨川FC」メンバーの今後益々の活躍を祈念して、シャチより激励の水しぶき「テールバースト」が選手たちに贈られました。

鴨川市の花である「菜の花」約20,000本が彩る早春の園内では、地元鴨川に伝わる伝統芸能である獅子舞の上演や、地元商店による軽食の販売、チーバくんやオルタンなどのキャラクターとの記念撮影会が行われました。さらにトロピカルアイランドの巨大水槽「無限の海」前では、鴨川市立鴨川中学校吹奏楽部によるミニコンサートも開催されました。

好評をいただいた「鴨川市民DAY 2018」は、1日で2,176名の鴨川市民が来園し、園内は大変な賑わいを見せました。鴨川シーワールドでは、今後も地域とのつながりを大切にし、地域に根ざした活動を続けてまいります。


-------------
鴨川シーワールド様より届きました。
オルカ鴨川FCの選手への「テールバースト」すごいですね。
鴨川市民DAYを楽しめる鴨川市民のみなさまがうらやましいです。


曽呂ふるさと囃子保存会による獅子舞

曽呂ふるさと囃子保存会による獅子舞

鴨川中学校吹奏楽部によるミニコンサート

鴨川中学校吹奏楽部によるミニコンサート


このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

このレポートの口コミ

口コミを募集してます

コメントを投稿するにはユーザ登録が必要です

レポートの投稿はこちらから