BayWaveトップ > レポート > その他 > 千葉市長が国税庁HP「確定申告書等作成コーナー」を体験(その他:千葉市中央区)

千葉のレポート

千葉市長が国税庁HP「確定申告書等作成コーナー」を体験

2018-02-21

2月14日(水)、千葉市役所において、熊谷俊人千葉市長が国税庁HP「確定申告書等作成コーナー」で所得税の確定申告書の作成を体験しました。
このイベントは、マイナンバーカードの取得促進とe-Taxの利用推進を目的として千葉市と千葉東税務署が協力して開催したものです。
体験後、熊谷市長は、「金額を入力すると自動計算されて計算間違いのない申告書ができる。e-Taxで電子申告することは、申告する本人のためにも、税務署の事務負担軽減のためにも大事なこと。e-Taxは自分の好きな時間にできるし、マイナンバーカードを持っていれば好きな時間にコンビニで住民票などを取得できる。自分のための時間を最大限使うためにも市民の皆様に、e-Taxやマイナンバーカードの利用をお薦めしたい。」、また、最後に一言「便利でした!」とコメントし、e-Taxが簡単で便利であることや、マイナンバーカードのサービスの利便性についてPRしました。

■主催 千葉東税務署(署長 梶山 清児)
    千葉市役所(市長 熊谷 俊人)



このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

このレポートの口コミ

口コミを募集してます

コメントを投稿するにはユーザ登録が必要です

レポートの投稿はこちらから