BayWaveトップ > レポート > 宝石/ジュエリー > プラチナの溶解からのリング作り(宝石/ジュエリー:千葉市稲毛区)

千葉のレポート

プラチナの溶解からのリング作り

2018-04-20

先日の続きになりますが

前回は叩いて伸ばす所を紹介しましたが

今回はローラーという機械を使って、伸ばしたい幅、長さまで伸ばして行きます(写真1)

そして伸ばしたい寸法になったら(写真2)今度は芯金(サイズ棒)で丸くリング状にして行きます(写真3)

かなりザックリとした説明かと思いますが、ある程度の事を知って頂けるだけで

良いかなと思っています

この様な作業を鍛造加工と言う技法で昔ながらの製作工程です

今やジュエリー店に並ぶほとんどが鋳造加工品(流し込む量産品)技法になりますので

鍛造技法でのジュエリーは珍しいと思って頂けて良いかと思います

この辺の説明も少しづつ説明してゆきたいと思います

では次回はリング状に整えて削る作業を説明させて頂きます

ではまた!!



このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

このレポートの口コミ

口コミを募集してます

コメントを投稿するにはユーザ登録が必要です

レポートの投稿はこちらから