BayWaveトップ > レポート > 水族館 > 千葉県民の日に鴨川シーワールドで子供たち100名が「マダイ」の幼魚の放流体験(水族館:鴨川市)

千葉のレポート

千葉県民の日に鴨川シーワールドで子供たち100名が「マダイ」の幼魚の放流体験

2018-06-16

鴨川シーワールドでは、6月15日(金)の千葉県民の日に、千葉県の魚である“タイ”にちなみ、「マダイ」の幼魚の放流を実施いたしました。

「マダイ」の放流は、千葉県民の日の特別イベントとして1989年より始められ、30年目を迎える恒例行事となっています。毎年楽しみにされている方も多く、お子様を対象に定員100名分の整理券を配布したところ、開園と同時にあっという間になくなってしまいました。

参加者の中には、生きた魚を間近で見る機会が少ないお子様たちも多く、バケツの中を興味深そうにながめたり、バケツを抱えて記念写真を撮ったりと大はしゃぎでした。鴨川シーワールド前の東条海岸に設置された特設桟橋から目の前の太平洋へ放流した後、波間に消えていくマダイを目で追い、手を振るお子様の姿も見られました。


http://www.kamogawa-seaworld.jp/event/kamoseatopics/chiba/



このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

このレポートの口コミ

口コミを募集してます

コメントを投稿するにはユーザ登録が必要です

レポートの投稿はこちらから